【東京】7月20日(土)移住イベント「そうだったのか!石川県・能登暮らしのホンネ」

イベント

7月20日(土)、東京・有楽町のふるさと回帰支援センターで石川県主催の移住イベントが開催されます。
スピーカーとして、移住計画メンバーで地域おこし協力隊として活躍する任田和真が参戦!
集落の教科書の裏話、能登暮らしのホンネを聞きたい方、ぜひ!

【概要】

田舎暮らしは大変なこともあるけれど、
それ以上に楽しく幸せを感じることもたくさんあります。

豊かな里山里海、子育てしやすい環境、そして地域の人々とのつながり・・・
多くの魅力がたくさん詰まっています!!

そんな能登のホンネを聴いてみませんか??

■こんな方にオススメ!
・田舎暮らしに興味がある
・田舎ならではのルール・風習を知りたい
・地域おこし協力隊ってなに?
・地域の役に立つ仕事がしたい!
・石川県に興味がある

今回は世界農業遺産に認定され雄大な自然に囲まれた「能登(のと)」での、暮らしやシゴトに関するセミナーを開催!

能登に実際に住んでいるゲストの方々を呼んでおります!

七尾市からは地域で活躍する地域おこし協力隊員をお招きし、
地域おこし協力隊に関することや移住者向け情報誌「集落の教科書」を紹介します。

「集落の教科書」とはその地域の暮らしにまつわるルールやしきたりを明文化したもので、
編集長であるゲストが、完成までのストーリーやそこから感じた「移住」とはについて語ります!

能登定住・交流機構からは先輩移住者でもある事務局長から、
七尾市以外の能登での暮らしについてもご紹介します。

お気軽にぜひ一度お話を聴いてみませんか??

▽日時:7月20日(土)13:00~15:00

▽会場:認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
   (東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階)

▽参加費:無料

▽プログラム
13:00~ 石川県概要説明

13:10~ ゲストトーク
  (七尾市地域おこし協力隊/能登定住・交流機構)

13:50~ 個別相談会

■イベント内容①

【七尾市】
「都会の便利さと田舎ののどかさが『ちょうどいいまち』」
能登半島の真ん中に位置し、海あり、山あり、温泉あり。
都会と田舎が両方あり豊かな暮らしができる七尾市。
医療や介護福祉が充実しており、単なる「田舎暮らし」でなく
安心・安全と利便性がコンパクトにまとまっています。
能登島での「島暮らし」も人気です。

(ゲスト)
任田 和真さん(七尾市地域おこし協力隊)

石川県小松市出身。1991年生まれ。
教員であった両親に憧れ、保健体育科教員を目指し上京。
大学卒業後、国際NGOピースボートに参加し3年間で世界2周、
約50カ国を旅しながら国際交流事業に尽力。
結婚を機に子育ての理想の地として「七尾」と出会い2018年4月に東京都から移住。
現在は地域おこし協力隊として七尾市高階地区にて活動中。
移住者向け情報誌「集落の教科書」の編集長。

■イベント内容②

【能登定住・交流機構】

(ゲスト紹介)
水上 志都さん(能登定住・交流機構 事務局長)

茨城県古川市出身で、2014年に石川県能登町へ移住しました。
能登の食材を都会に売り込む仕事に従事し、2018年には「Bencotta」設立し、同年6月より、(一社)能登定住・交流機構事務局長をしています。
豊かな自然や貴重な伝統文化が息づく能登への移住・定住をサポート。
仕事から住まいまで幅広くご相談に応じます。短期移住体験についてもご紹介します。

ゲストトーク後は個別相談会も開催します!
ちょっと気になった些細なことでも構いませんので、お気軽に何でも聞いてください。

興味のある方はぜひご参加ください!

▽お申し込みは以下のサイトから
https://ishikawa-note.jp/event/289

▽お問い合わせ先

いしかわ「第二のふるさと」推進実行委員会
(石川県地域振興課内)
TEL : 076‐225‐1312
E-mail : iju@ishikawa.lg.jp

ピックアップ記事

関連記事一覧