【事業承継者募集】世界農業遺産の里海で、牡蠣の養殖と6次産業化にチャレンジしてみませんか?

しごと

木村功商店 代表 木村功さん

能登の名産である牡蠣の養殖・販売。七尾市中島町の豊かな海を利用して、牡蠣の養殖と販売を行う。周辺一帯は「能登の里山・里海」として2011年に世界農業遺産に認定されており、内海である七尾湾には棚田などの豊かな土地から流れ出る養分が溢れる良好な漁場として有名。肉厚で旨味の深い能登牡蠣を使い、牡蠣春巻きや牡蠣ジェラートなどの6次産業化にも取り組む。

能登半島を代表するブランド『能登かき』


能登半島は平成23年「能登の里山里海」として世界農業遺産に認定されました。世界農業遺産は世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域を国際連合食糧農業機関が認定する制度です。世界で20ヵ国50地域、日本では11地域が認定されています。能登半島は低い山と丘陵地が多く平地が少ないのが特徴で、七尾湾は「内浦」と呼ばれるリアス式海岸に面しています。七尾湾には周辺の山から流れ出す栄養分が凝縮されている豊かな漁場として古くから有名で、大正時代に入ってからは牡蠣の養殖が盛んとなりました。
牡蠣は、「海のミルク」とも言われるほどタンパク質、脂質、糖質がバランスよく含まれ、ミネラルやビタミン類も豊富です。肉厚で一度食べると病みつきになるような甘い味わいは、多くの人に愛されています。
中でも能登の牡蠣は、シーズンには牡蠣マニアといわれる人たちが全国から足を運ぶほど、新鮮で濃厚な甘みのある味で有名です。今や『能登かき』は、半島を代表するブランドにまで成長しました

木村代表の牡蠣養殖への想い


七尾湾に面する七尾市中島町にある木村功商店では、1973年より『能登かき』の養殖を始めました。ロケーションが最高な海沿いにある牡蠣小屋は、シーズンにはたくさんのお客さんで賑わう、『能登かき』を代表する事業者の一つにまで成長しました。しかしながら、代表である木村功は能登半島の牡蠣養殖に危機感を覚えています。
「引き継ぐ人がどんどん外へ行ってしまって店も減っていった。50年前には100人以上いたのに今では40人ほどになってしまった。このままだとすぐに10人ほどになってしまう。何とかしてこの流れを食い止めたい。やり方はいくらでもあるけど自分一人でできることは限られてしまう。だから、少しでも若い人たちに牡蠣養殖の仕事を知ってもらいたい。」
木村代表の言葉には、『能登かき』のこれからに対する強い想いが込められています。
「実は能登へ最初に牡蠣を持ち込んだのはこの地区の人。でも、その人は今の『能登かき』の成功を見ることなく亡くなってしまった。だから自分はその人の想いを引き継ぎたいとの想いで頑張ってきた。良い方向に発展させていきたいとずっと考えてきた。」
今、木村功商店では6次産業化を目指して牡蠣を使った加工品の販売にも力を入れています。牡蠣ご飯や牡蠣の春巻き、中には牡蠣の殻を肥料に使ったワインや牡蠣のジェラートアイスまであります。これらの加工品販売もシーズン以外は暇になりがちな牡蠣養殖業を何とかしたいという気持ちから取り組んできました。

木村功商店では、事業承継者としてこのような方を求めています!


店と共に七尾市の『能登かき』のブランドも守ってきた木村代表は、求めている事業承継者にも『能登かき』に対して真剣に向き合えるか、が重要だと考えています。
「本当に仕事が好きな人がやらないとこの仕事は続かないでしょう。継いでくれる人は牡蠣事業に真剣に取り組んでほしい。この地区にはこれまでやってきた牡蠣事業の地盤があります。ここでやっていくなら、その地盤を活かした方法で長続きしてほしいです。」
「これまでにも良さそうな人材を何人も見てきましたが、やっぱりすぐ諦めて帰ってしまう人が多かったのも事実。自然を相手にする事業は時には厳しいこともあります。諦めてしまうような人では当然地域にも受け入れられません。そういう意味では、少しでも能登地域に縁のある人か、もしくは能登に強い興味のある人のほうがいいと思いますね。」

豊かな自然の恵みを活かした牡蠣事業を、あなたの力で更なる発展につなげてください!


木村代表自身も若い頃は東京で働いていましたが、一念発起して能登に帰ってきました。
「七尾に帰ってきて、この仕事をしていてわかったことは、1次産業はいくらでも伸びる可能性があるということ。やり方次第ですよ。生産から販売まで全てやっている人は少ないから、アイディア次第では色々な売り方ができるとも思う。だから、若い人が七尾に来て、牡蠣業で何か新しいことにチャレンジするなら、積極的にその後押しをしていきたいです。」
単に引き継ぐだけではなく、新しいチャレンジが一緒にできる事業承継者の応募を待っています。

求人についてのお問い合わせ・ご相談はこちらのフォーム、または TEL:0767-57-5413(七尾街づくりセンター)までお電話ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧