【事業承継者募集】能登半島で唯一日本温泉遺産に選ばれた、秘湯の一軒宿を承継してみませんか?

しごと

龍王閣
高森 龍夫さん

質の高い泉質を誇る秘湯の一軒宿「龍王閣」

七尾市内の崎山半島の山合いにある温泉旅館の経営。地下600メートルから湧く温泉を掛け流しで利用しており、能登唯一の自噴泉掛け流しを味わえる。日本温泉遺産にも選出されている。


能登半島にある石川県七尾市のはずれに位置する崎山半島の山間に湯川温泉はあります。知る人ぞ知る秘湯の一軒宿として有名な湯川温泉「龍王閣」は、北陸地方では珍しい天然のラドンを含んだ成分の濃い源泉が湧いていて、能登半島で唯一「自噴泉掛け流し」を味わえる温泉宿です。その泉質は「日本温泉遺産」にも県内で唯一認定されているほど質が高いことで有名です。

「日本温泉遺産」とは温泉施設の建造物、温泉文化・風俗、源泉の3つの視点から後世に残したい温泉宿や温泉施設を「温泉遺産」として認定していくものです。

髙森代表の質の高い源泉への想い

「龍王閣」の髙森代表は、もともとは製材会社を経営していましたが、48歳で現在の「龍王閣」を引き継ぎました。湯川温泉の源泉は質が高いことで有名で、ラドンを含むナトリウム・カルシウム‐塩化物泉は加温・加水は一切していません。含有乖離成分のイオン総量も総計で20,600㎎以上を誇り、21の効能を持ちます。イオン総量が1万を超える温泉は全国でも珍しいので、遠方からわざわざこの湯を求めてくる長期宿泊者も多く、アットホームな雰囲気も人気となっています。

髙森代表の泉質への拘りは強く、殺菌の為の塩素も使用していません。成分が大変濃く、湯の花が大量な泉質を維持する為には、週2回機械をバラして清掃する必要があります。髙森代表はここまでやるところは少ない、と自信をもって答えます。

その拘りの原点は、高森代表の本物に対する拘りと想いにあります。あるお客さんからは「本当に塩素を使わないのか?」としつこく念を押されたそうです。実はこのお客さんは全国の塩素なし温泉に何度も裏切られた経験があり、「龍王閣」には満足されたとの事でした。

「本物はやっぱり体にいいんですよ。建物や設備ではなく、本物の温泉を提供していきたいんです。」と髙森代表は話します。

事業承継者としてこのような方を求めています!

一生懸命に本物を追求してきた髙森代表ですが、高齢になるにつれて事業の将来について考え始めています。

「他の会社に買ってもらうというのも一つの方法だと思っているよ。でも、その方法で今の龍王閣の良さが残っていくだろうか。」

知る人ぞ知る秘湯の一軒宿ではありますが、現在の「龍王閣」は口コミで全国から長期宿泊者が訪れるようになっています。本物を求めるお客様にこれまでと変わらない「龍王閣」のサービスを届けるために、高森代表と一緒に働いて技術を学び、代表の考え方に強く共感できる方を探しています。

まずは髙森代表と会って頂き、本物への拘りについて話し合ってみませんか。

求人についてのお問い合わせ・ご相談はこちらのフォーム、または TEL:0767-57-5413(七尾街づくりセンター)までお電話ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧